ハドソンが開発した国産MMORPG“Master of Epic”エメラルドサーバーでの日記やショートストーリー
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜそこなのか
2015年06月10日 (水) | 編集 |
 ミーリムの廃炭鉱に野生の鶏が出現するようになりました。
sc4235.jpg
 鶏肉や鶏卵、鶏の羽なんかをドロップします。
 これを使った新しい料理もたくさん実装されているみたいですね。
 何か作ってみようかな。
スポンサーサイト
旅の終わり。新たな物語の始まり
2015年06月25日 (木) | 編集 |
「私も帰りたい・・・」
 ひゃっほーがそう呟いた。
「なら、ニャーと一緒に次元の狭間に飛び込むのニャ」
 それを聞いたくろでぃはひゃっほーの手をとり、壁に開いた光り輝く、開かれた扉の前に連れて行った。
「ここから元の世界に行けるのニャ」
「怖い・・・」
「平気ニャ。ニャーが一緒だからニャ!」
 そしてそう告げるや、腕をぐいっと引っ張って、飛び込んでいった。
「私も帰ります!」
 その後ろをティラミスが追う。

 3人はひゃっほーいの帰った場所に転送された。
「懐かしい・・・」
 ひゃっほーが思わず感嘆の声を上げる。
「ここが故郷なのニャね」
「ええ。歩いてそう遠くない場所に家があるはずです」
 つかつかと見慣れた道を歩いていく。
 木々の香り、踏みしめる感覚、何もかもがあの頃のままだ。
「ふふーん。やっぱり来たわね」
 と、そこへ一人の少女が現れた。
「お姉ちゃん!」
 それに向かい、ひゃっほーが走っていく。
「おかえり。ずいぶん早かったわね?」
「ただいま・・・。もう十分楽しめたの・・・。だから帰ってきちゃった」
「私もです」
「そう・・・」
 どこか遠くを見るような目でひゃっほーいが呟いた。
「ところで、くろでぃはどうするの?」
「行くトコ無いニャ~・・・」
「なら、家に来なさい」
「ホントかニャ!?」
「メイドとしてこき使ってあげるわ」
 案内するようにひゃっほーいは歩き出す。
「ふにゃ~・・・」
「あはは、冗談よ!」
 が、すぐに笑顔で振り返り・・・
「さ、ゴールはすぐそこよ」
 満面の笑顔でそう叫んだ。

 平凡だけど、温かな、いつもの暮らしが待っている。
 これからの日々を幸せに過ごしていくのだ。
 いつもの仲間と・・・。

 てぃらみーは3人の様子を見ていた。
「私も帰るもんっ!」
 そして後を追おうとしたが・・・
 ぱりーん☆
 突如、ガラスの割れるような音が響き、時空に開いていたそれは消滅してしまった。
「そんな・・・」
 呆然と立ち尽くすてぃらみーの耳に言葉が響いてくる。
「もう誰も元の世界に戻る事を許さない」
 それから二度と、外界と繋がる扉は開かなかったという・・・。
今後の予定
2015年06月25日 (木) | 編集 |
 えたーにゃるを美容担当にする
 土地を持たせて、倉庫代わりのベンダーを置く
 
 こみけの土地は没収
 以降はアセット修理専属に

 Mienya、くろにゃ、パープルニャのニャ三姉妹とめるふぃ、てぃらみーは変わらず。

 曜日を決めてMoEをする日にする。
 一週間に一回ログインを目標にリハビリをする。

 ・・・ま、そんなとこです。
再スタート~ここから始まる次の10年~
2015年06月26日 (金) | 編集 |
 エターニャルです。
 ユグ13-17にお家を建てましたv
sc4236s.jpg
 こみけハウスの向かい側、一段上がった場所ですね。
sc4237s.jpg
 まだ建築途中なので家の中に入れませんが、二階の窓からはきっとすばらしい眺望を望める事でしょうo(=^▽^=)o

 シャンプー無料サービスをしてみたものの、1時間に2人しか集まりませんでした(^^;
 前は行列が出来たけど、まぁ、きっとタイミングが悪かったのでしょう。

 と言う事で、べりさんに手伝ってもらい、スキル40まで上げました。
 カットが出来るまであと少し・・・っ!
うだうだ
2015年06月28日 (日) | 編集 |
くろにゃ「今年も半分終わってしまうにゃ~」
Mienya「ホントだねー・・・」
こみけ「と言う事で、思い残している事をしたいと思うのだ」
Mienya「え・・・?」
こみけ「ストレージに5年間入ったままのこのバルドスのステーキを・・・」
Mienya「それ、腐ってない?」
めるふぃ「じゅ、熟成肉よ。今流行の!」
こみけ「これを通行人に配って、これでもかと食べさせてやるのだ」
Mienya「まぁ、ダイアロスには賞味期限が無いから平気かな」
こみけ「そして彼らは髪が伸び・・・エターニャルの美容室に引き込まれるように・・・」
Mienya「これはこみけの罠だ!」
こみけ「さっそく配ってくるのだ。よいしょっ! 重たいのだっ!」
くろにゃ「レイジングなのにゃ~♪」
こみけ「これで動けるのだ。いってきまーす」

こみけ「誰もいないのだ。もう少し向こう側に行くのだ」
 レイジングの効果が切れました。
 アイテム重量オーバー
こみけ「動けない! 助けて欲しいのだーっ」
新しいお家が出来ました
2015年06月29日 (月) | 編集 |
 ようやく完成しました。
 さっそくストレージ家具を設置しましょう♪
sc4239s.jpg
 こんな感じかな~?

 そだ、窓からの眺めは・・・
sc4238s.jpg
 アルターまで一直線で良いですねv

 屋根にも上ってみよう。
sc4240s.jpg
 おーo(=^▽^=)o
 広々してて気持ち良い~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。