ハドソンが開発した国産MMORPG“Master of Epic”エメラルドサーバーでの日記やショートストーリー
8周年イベント3話
2014年05月21日 (水) | 編集 |
 昨日の更新で料理バトル第一戦が行えるようになりました。
 謎の男を右クリックするとプライベートゾーンへ転送され、そこで戦うことになります。
 必要スキルはありません。
 右クリックで収穫、右クリックで調理(料理スキルの影響なし?)です。
 どちらかというと、素早く素材を集めて回ったり、生産ルーレットを正確に止めたりするプレイヤーテクニックが必須になります。
 ルーレットの速度はミスリル強化くらいで、たぶん+3か+4くらいの難易度です。

 アイテム枠は4つ空けて行きましょう。
 10分ノンストップです。時間の余裕がある時に挑みましょう。
 失敗した場合は一番最初からやり直しです。
(23日のパッチで挑戦前からのやり直しに修正されたようです)

 
謎の男「フェレンよ、会場の準備が整ったぞ。既にフラッペは会場入りしているぞ」
フェレン「分りました、私はいつでも大丈夫です」
謎の男「準備ができたら右クリックで合図してくれ」
 いつでも行けます!
謎の男「それでは会場へ案内するぞ!」

フラッペ「おやおや、尻尾を巻いて逃げだすかと思っていましたが・・・」
SC3981s.jpg
フラッペ「わざわざ負けるためにやってくるとは、クックック…」
フェレン「当たり前だ! お前らこそ負けたら約束を守るんだぞ!」
謎の男「ようこそクッキングスタジアムへ。これより料理対決の説明を行うがよろしいか?」
フラッペ「失礼、どうぞ」
フェレン「ええ、お願いします」

謎の男:
 今回は3対1の変則マッチとなっているので対戦の順番はフェレンチームに選択権がある。
 フェレンチームはフラッペチームが用意した3人の料理人から対戦相手を選択してくれたまえ
 対戦相手が決まったら テーマ食材を発表する。
 制限時間内にテーマに沿った料理を作ってもらう
 実際に審査するのは3人だが、作ってもらう料理は10人前だ。
 食材はこのエリア内に用意させてもらった。適切な食材を探し出して、時間内に調理してくれ

謎の男「料理対決の説明以上だ、双方よろしいかな?」
フラッペ「ええ、問題はありませんよ」
フェレン「はい、大丈夫です」
謎の男「では、本日審査を行ってくれる方達を紹介しよう。」
SC3982s.jpg
謎の男「右手側から、食の世界では知る人ぞ知る美食家、通称アジキングことゲンザブロウ氏」
ゲンザブロウ「宜しく」
謎の男「続いて中央に居られるのは皆さんご存知、シェル・レランのマスターシレーナ様だ」
シレーナ「とっても楽しみですわ」
謎の男「そして最後の審査員は一般の方から選んだ笑顔がステキなタニゴエ氏」
タニゴエ「料理のことは良く分りませんがしっかり審査していきたいと思います。ニコッ」
 あ、テレビに出てた人ですね(・・!
謎の男「続いて、料理の解説者としてシェル・レランアカデミーで講師をしてるハッタリ先生にもお越しいただいた」
SC3986s.jpg
ハッタリ「宜しくお願いします」
謎の男「最後に実況を担当してもらう、いつまでも彼女を待ち続ける男デービッド氏だ」
デービッド「イヤイヤ、その情報いらないだろう」
謎の男「以上のメンバーで本日の対決を盛り上げていこうと思う」
 
謎の男「では、奥へ移動してもらおう」

謎の男:
 現れるがいい、アイアン・シェフ!!
 それではフラッペチームが連れてきた3人の凄腕料理人を紹介しよう
 まず、左手側にいる料理人がオリーブオイルを使用した料理が得意なオリーブの魔術師モコビッチ氏だ
 そして、真ん中にいる料理人がサスール城のお抱え料理人のシチサブロウ氏だ
 最後はチョッパーを片手に島中を渡り歩いた炎の料理人チン・マンプー氏だ
SC3985s.jpg
謎の男「さぁ、どの料理人と戦うか選びたまえ」
 どの人にしましょうか?
フェレン「どうせ全部倒すんだ、君が選んでいいよ」
 じゃーオリーブの魔術師でお願いします。
謎の男「対戦相手はモコビッチ氏でよろしいかな」
フェレン「ええ、お願いします」
モコビッチ「ウイ、ムッシュ!」
フラッペ「パパイアさん、初戦のアシスタントは貴方がやりなさい」
パパイア「ハッ」
謎の男「私の記憶が確かならば…私の昨日の夕飯は魚料理でした」
 すごくどうでもいいです(--;
謎の男「そして私が今食べたい料理は・・・肉料理! 本日のテーマは肉料理だ!」
 ふむ。焼くだけ簡単ですね!
謎の男「それでは料理人達よ。その実力を大いに見せ付けるがいい!」
 がんばりましょう!
謎の男「アレ・キュイジーヌ!(調理開始)」

 それで、何を作りますか?
フェレン「対戦相手と同じ土俵で戦うのが私の流儀。今回作る料理はロールキャベツ にします。」
 おいしそうo(=^▽^=)o
フェレン「まずはキャベツ とトマトを10個ずつ集めてほしい」
 はーい☆
デービッド「今、対決の火蓋が切られました! 解説はハッタリ先生、実況は私、デービッドがお送りします」
ハッタリ「よろしくお願いします」
デービッド「本日の対決は肉料理ということですがどういった点に注目していますかね?」
SC3983s.jpg
ハッタリ「大事なのはやはり火加減です。レア過ぎず焼き過ぎず程良い焼き加減が大事ですね」
デービッド「なるほど」
 集めてきました!
フェレン「次はオークの肉とバイソンの肉を5個ずつ集めてほしい」
デービッド「おっとフェレンサイドに動きがあったようです」
ハッタリ「どうやら野菜を集め終わったようですね」
 オークとバイソンも捕まえるだけ。らくらくですねv
デービッド「どうやらフラッペサイドに動きがあったようです。何を作っているのでしょうか?」
ハッタリ「あれは多分鳥肉を大量のオリーブオイルで煮るんですね。にんにくの良い香りがしてきましたね」
デービッド「今入ってきた情報によりますと鳥肉のオイル煮を作るそうです」
ハッタリ「やっぱりそうでしょう、当たりましたよ」

デービッド「調理開始から7分が経過しました、残り3分です」

フェレン「集めてもらったオークの肉とバイソンの肉でロールキャベツ用のパティを5個作ってほしい」
 ええっ! 私料理スキルありませんよ!?
デービッド「残り時間も少なくなってきました。フラッペサイドは調理が終わって盛り付けにはいりました」
フェレン「平気だよ! 失敗した場合は材料をもう一度集めてくれ」
SC3989.jpg
 む、難しいですね・・・(--
ハッタリ「フラッペサイドは順調のようですね」
デービッド「フェレンサイドにまた動きがあったようです」
ハッタリ「食材が揃ったみたいですね、これから下拵えでしょうか。んーなんでしょう、ハンバーグでしょうか?」
デービッド「なるほど」
 え~んっ! また集め直しです・・・(><。
デービッド「残り時間1分を切りました、果たして時間内に完成するのか!?」
 あーっ! 待ってください!
デービッド「試合終了~、両者そこまで!」
謎の男「両者素晴らしい戦いだった。これより審査員による試食を行う」
 けっきょく、キャベツとトマトのスープになってしまいました・・・orz
謎の男「まずはフラッペチームから試食を開始する」
タニゴエ「んー美味しーね! 肉が柔らくてジューシーですね。何杯でもご飯がいけそうです」
シレーナ「にんにくの風味とピリッと効いたとうがらしの辛さが絶妙ですね。とても美味しゅうございました」
ゲンザブロウ「うむ、なかなかの美味である。オリーブの実がよく合っておる。天晴である」
謎の男「なかなか高評価のようだな。次はフェレンチームの試食を開始する」
 絶望的ですねー・・・。
タニゴエ「んー美味しくはないですね。もしコレがお店でできてきたら僕は途中で帰りますね」
シレーナ「物足りないというか…とても完成品とは思えないですね」
 そりゃ、肉なしですからね・・・。
ゲンザブロウ「この料理を作ったのは誰だあっ!! こんな料理を食わせるとは不愉快だ!」
 あ、あれはオークの頭を間違えて入れちゃったお皿です・・・(--;
謎の男「これより判定を行う、両チーム前へ」
デービッド「スタジアムに緊張が走ります。果たして勝敗の結果は?」
謎の男「勝者、フラッペチーム!」
 あはは・・・orz
デービッド「勝者はフラッペチームです。フェレンチーム はここで敗れてしまった」
ハッタリ「彼自身の実力としてはこんなものではないと思うんですが非常に残念な戦いでしたね」
 お肉さえあればいけたのですが・・・。

フラッペ:
 フェレンさん、貴方の実力がこの程度だったとは・・・
 貴方の実力を買いかぶり過ぎていたようですね
 正直、貴方への興味が薄れてしまいました。約束のことは忘れてください。
 我々の組織に弱者は不要ですので、クックック…
 店についても好きにしたらいいでしょう。
 私は忙しいのです。代わりの料理人を見つける必要があるのでね。この辺で失礼しますよ。
 もう会うこともないでしょうけど、クックック

謎の男「また面白い対決があれば私はやってくる。それではまた会おう」

フェレン「対決には負けてしまったけどなんとか店を失わずに済んだよ」
 これで良かったのでしょうか………。
フェレン「ただ、ちょっと自信は失くしてしまった…。また一から修業して出直そうと思うよ」
 うぅ………(><
フェレン「また機会があれば一緒に戦いたいね」
 時よ! 戻れ~っ! りべんじゃーりろーぐっ!

 空間にひびが入り、時間軸が巻き戻される!

フェレン「誰か一緒に戦ってくれる人はいないものか・・・」
 わ、私がやります!
フェレン「そうか。よろしく頼むよ。まずは湧き水と・・・」
 ストレージに余分があって助かりました(T~T

フェレン「トマトとキャベツを頼むよ!」
 今回は先に肉も集めて集めておきましょうか。
フェレン「肉を集めて・・・って持っているようだね、それを混ぜて・・・」
 今度は失敗しないようにしなきゃ!

 なんとか完成しました!
フェレン「ご苦労様、後は私に任せてくれ」
デービッド「どうやら先程のハンバーグのようなものはロールキャベツの中身だそうです」
ハッタリ「まー似たようなものですね」
デービッド「フェレンサイドは調理の最終工程にはいったようです」
 あ、おいしそう・・・♪

デービッド「試合終了~、両者そこまで!」

謎の男「両者素晴らしい戦いだった。これより審査員による 試食 を行う」
謎の男「まずは フラッペチーム から試食を開始する」
 (中略)
謎の男「次は フェレンチーム の試食を開始する」
 ごくり・・・(-_-
タニゴエ「そうそう、これよ、これ! いやー美味いね、最高!  ニコッ」
 やりました!
タニゴエ「ナイフを入れた瞬間に溢れ出る肉汁がたまらないよねー」
シレーナ「申し分ないお味ですね」
 わ~いっ♪
シレーナ「キャベツの甘味とトマトの酸味が中のお肉と非常にマッチしていてとても美味しゅうございました」
SC3988s.jpg
ゲンザブロウ「まさに完璧な味!」

謎の男「これより判定を行う、両チーム前へ」
デービッド「スタジアムに緊張が走ります。果たして勝敗の結果は?」
謎の男「勝者、フェレンチーム!」
 やったぁ!
デービッド「勝者は フェレンチーム です。初戦を見事勝利しました!」
ハッタリ「いやー見事でしたね。フェレンチームには次の料理対決も期待できますよ」
フラッペ「そんな…バカな…」
<勝利者チームには主宰より勝者の証であるトックブランシュ が贈られます>
SC3987s.jpg
謎の男「次の対決も期待しているぞ」
フェレン「ありがとうございます」
フラッペ「パパイアさん、よくも私の顔に泥を塗ってくれましたね。我が組織に弱者はいらないのです。二度と私の前に現れないでください」

謎の男「次の対決の準備ができたらまた迎えに行くぞ。では、しばしお別れだ。また会おう!」

フェレン「君のおかげで何とか初戦を勝つことができたよ。2戦目もよろしく頼むよ」

フェレン「そうだ! 今回の対決で作った料理を含む新レシピをお店で公開しているから是非作ってみてよ」
 ありがとうございます(^▽^♪
フェレン「今回の料理対決で作った料理のレシピを含む新レシピを教えるよ。どのレシピが知りたい?」
<鳥の唐揚げ、焼き餃子、ロールキャベツのレシピが買えるようになります>
 全部買って行って、作ってもらいましょう♪

SC3984s.jpg
 私も奇跡的にルーレットが止まって、2戦に進めたで!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
イベントNPCが倒せちゃう不具合で停止中とかないよ
・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
そうなる前にシレーナ様(ここからは消されました)
2014/05/21(水) 20:33:12 | URL | 黒箱 #afXvPe0k[ 編集]
 フラッペ倒して組織を乗っ取ってハッピーエンドというシークレットストーリーがあったなんてねー・・・(違
2014/05/21(水) 22:33:59 | URL | コーコルテリア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する